• タトゥー除去に伴う痛み

    若いときにお洒落だからといって、勢いでタトゥーを入れてしまう人は少なくありません。
    気軽な気持ちでタトゥーを入れてしまっても、外国ならまだしも、日本の社会ではいまだにタトゥーを受け入れられていない現状があります。


    そのため、公衆浴場やプールに入ることができなかったり、就職や結婚でも障害になってしまうことがあります。
    そのため、タトゥー除去をしたいとしてクリニックを受診する人は年々増えています。

    タトゥー除去の方法としては、レーザーによる除去、切除による除去、そして皮膚移植による除去方法があります。



    タトゥーの大きさや色、肌の状態によっても除去できる方法は異なってきます。



    タトゥー除去をしたいけれど、痛みが強そうなのでためらうという人も多いですが、いたみを軽減させるように工夫がされています。

    レーザー除去法は医療用レーザーを使って少しずつタトゥーを薄くしていく方法で、高い出力でのレーザー照射は皮膚表面に弾かれるような痛みがあります。


    手術を受けた後は軽いひりひりとした感じが残ることはありますが、痛みは数時間もすればおさまります。
    そしてメスを使う切除法や皮膚移植は痛みが強いと感じがちですが、手術中は麻酔を使用するので、局所麻酔を駐車するときの針を刺すときくらいしか痛みはありません。



    皮膚を切り取って縫合した後も、少し痛痒く感じることがありますが、いたみどめの薬を処方してもらうこともできますし、さほど怖がる必要はありません。